derdiedas メールマガジン
derdiedas Informationen

ご注意:「ティムとヤン」のビデオは現在機能しておりません。現在調査中です。お詫び申し上げます。連絡先:derdiedasjp@gmail.com

Das Neueste 最新の記事

出典: © Hideko Kawachi

学校では教えてくれないドイツ語 Vol. 14

ドイツ語のテキストを英語に直すと、単語の量は多いのに、5分の1短い文章になるとか……。ドイツ語は長い!そして、その長さに比例して、略語も豊富。今回は、「素晴らしきドイツ略語の世界 Die fabelhafte Welt der Abk.」第2弾です! 第1弾ではHARIBO、Adidas、ALDI、BMWと知名度の高い略語をご紹介しましたが、今回は少しマニアックに、DDRこと旧東ドイツで使われていた略語や、近年流行中のSNS略語などを写真をたっぷり掲載させながら見ていきたいと思います! まずはDDR! 東ドイツの話に耳を傾けていると、この国独自の施設や部署の略語などが次々出てきて、聞き直すと、案外話している本人すらもちゃんとわかってなかったりして、めくるめく略語のラビリンスへと迷い込んでいってしまうのですが……、耳にする頻度が最も高い略語というと、これでしょうか。 ●VEB VolksEigener Betrieb ファウエーベー、旧東ドイツの「国営企業」のことです。 ベルリンの可愛いビールコースターに踊るVEB、「国営企業ベルリン飲料コンビナート」! ライプツィヒには、有名な「国営企業グルメ食品・ライプツィヒ」の看板なんかがあります。旧東ドイツ地区を歩いていると、いまも時々VEBの文字が目に入ってきます。 ベルリンにはVEB Orange という店名のDDR雑貨の専門店があったり! ライプツィヒで見かけたこちらは、VM。VolksEigene Möbelkombinate 国有家具コンビナート。似てるけど微妙に違いました。 また蚤の市で、DDRモノを探していると、時々出会うのが「EVP」の文字。Endverbraucherpreis(最終消費者価格)の略語です。パッケージの紙箱やラベルにプリントされていることも。 ●MfS / Stasi >  Ministerium für Staatssicherheit 映画などのイメージもあって、知名度が高い(?)旧東ドイツの秘密警察、シュタージ。MfS – Ministerium für Staatssicherheit (国家保安局)となります。 この「国家保安」というドイツ語のスターツジッヒャーハイトを略しての通称がシュタージ。 局には直接所属せずにスパイとしてなんらか諜報活動に関わっている人はIM イーエム、と呼ばれます。このInoffizieller...

ティムとヤンのドイツ語講座

ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州

サンドラの日独比較

出典: © Fotolia

日本の有休の少なさは、欧州ではデモ!

こんな私でも(?)長い間、日本の会社に勤めていたことがあります。そこは私以外にもハーフや外国人がいる職場だったのですが、上司は日本人でした。
出典:|flickr/Jutta Falk CC BY-ND 2.0|https://flic.kr/p/c36gDG

ドイツには「先輩」・「後輩」という概念がない!

欧州圏の人が日本にきてびっくりする文化の一つに「人間の上下関係」があります。まず学校の部活動。
出典: |flickr/Dean CC BY-NC-ND 2.0|https://flic.kr/p/fvieYQ

ニッポン人は「精神論」が好き!

欧州人が日本を深く知れば知るほど不思議に感じ、ときに違和感を感じてしまうのもの。それは、ニッポン人の「精神論」。

Essen 食

出典:| flickr/Gourmandise CC BY-NC-ND 2.0 | https://flic.kr/p/tBrTyV

マズそうだけど美味しい!ドイツ北部の郷土料理

ぐちゃっとしたピンク色の上に目玉焼きがのっている。食欲をそそるかというとそうでもないが、味はなかなか。船乗りが食べていたというラップスカウス
出典: © Barry Callebaut

スイスの会社が開発した魅惑の新チョコ「ルビー」の秘密

ホワイトチョコレートの誕生以来80年、新種が登場しなかったチョコ界に、ついに「第4のタイプ」のチョコが現れた!

Modernes Leben モダンライフ

出典: © Stijn Smulders/EBU

歌声は超本格派! ドイツの若手スターは “マンガ少女”

5月14日に開催が迫るユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2016。若干18歳のドイツ代表のシンガーが注目を集めている。
出典: © 河内秀子

学校では教えてくれないドイツ語 Vol. 15

いよいよEU加盟国28カ国で一斉に行われる欧州議会選挙選挙。今回は、ベルリンに散りばめられた各政党のポスターから、スローガンの言葉選びと、そこから滲み出る各政党の姿勢に注目してみました! 政治への参加意識が高いと言われるドイツですが、実のところこれまで欧州議会選挙は割と、どうでもいい感が漂ってる選挙だったんです。参加率はだだ下がりで、前回などは半数割れ。 ところが、今回は別。欧州連合に懐疑的な人も増え、反EU的な政党が力を伸ばし、結びつきがかなり弱まっているので、これまでにない高い関心が寄せられています。 ●AfD ドイツのためのもうひとつの選択 „EURABIA“ ユーラビア 選挙のたびに、煽って炎上させてなんぼのスタイルで、注目を集める右派ポピュリスト政党「AfD」。今回の欧州議会選挙の大きな争点の一つが、移民・難民問題ですが、今回もここを煽れば食いつくと言わんばかりのポスター。 「ヨーロッパが「ユーラビア」にならないように(AfDを選ぼう!)」というスローガン。 この「ユーラビア」という言葉は、ウトヤ島で銃を乱射、そして時限爆弾で、77人の命を奪ったテロ事件の犯人が使った言葉でもありますが、ユーロ+アラビアの造語で、このまま放っておくとヨーロッパがイスラム化する、欧州文明がイスラムに滅ぼされてしまうと、外国人排斥を煽る言葉でもあります。 しかもこの「裸の女性が奴隷市場でターバンを被った男性に売られる」モチーフ選び。どう見ても悪意しか感じられません。 https://twitter.com/berlinbau/status/908821292459134976 女性の裸で人目を引きたかっただけじゃないかという指摘の記事もあり。女性差別もいいとこです。そういえば、AfDは前回のベルリン市議選で「ブルカ?ビキニの方が好きだな」というビキニ姿の女性のポスターも作っていました。 ●CDU キリスト教民主同盟 „STARK“ 強い ポスターの言葉遣いだけをみていると、上記の右派ポピュリスト政党AfDとたいして変わらないのではないか……という指摘をされたこともある、ドイツ与党のCDUです。 「強い」ヨーロッパ 「安全な」ヨーロッパ 私たちの「故郷」 「私たちのヨーロッパは、豊かさを作る」など、銀行や保険関係者、富裕層が多いと言われる支持層にアピールしています。 「悪い外国人によってドイツが安全ではなくなっているけど、大丈夫ですよ。強固に、豊かな欧州を取り戻しましょう!」と言っているような、なんとなく居心地の悪い印象を受けるのは私だけでしょうか……? と思っていたら、1991年のCDUポスターがネット上に出回って話題になっておりました。 「これが1991年のCDU公式ポスターだ」 スローガンは、「難民の悪用を終わらせろ!」 (4万人の難民書類を処理。見せかけの難民を徹底的に追放。ドイツ基本法の変更) ●Bündnis 90/Die Grünen 同盟90/緑の党 „MUT“ 勇気 アンケートや世論調査などを見る限り、今回飛躍しそうな雰囲気の緑の党も、今回は「強い」路線。 わざと、これまで右派が使っていた言葉を選んでいるように感じました。 例えば「Mut 勇気」は、前述のAfDが好んで使っている言葉で、これまでも「ドイツへの勇気を!」「真実への勇気を!」というポスターがありました。 それを逆手にとって「勇気が出れば、憎しみがひっこむ」とか「勇気ある社会は不安を煽らない」。 「stark 強い」も「社会的なヨーロッパだけが強いヨーロッパ」と、「結びつき」に重点を置いてアピール。強さでも、力の強さといより心の強さを感じさせる言葉選びをしています。 ●Die PARTEI あの政党 „IRGENDWAS“ なにか 毎回クスッと笑える言葉が踊る「あの政党」こと「ディー・パータイ」のポスター。 2004年に、風刺作家でジャーナリストでもあるマーティン・ゾンネボルン (Martin Sonneborn) をはじめ、風刺雑誌の編集部が立ち上げた政党で、2014年から欧州議会に議席も持っているのです。 今回は「IRGENDWAS なにか」と書いたポスターを見かけてびっくり。 まあポスターには「何か」が書いてあればいいんですけどね(笑) 欧州議会選挙への興味の薄さをチクリと皮肉って、投票を呼びかけます。 カフェ・ケーキ・気候「“あの政党"を選ぼう。ヨーロッパにはあれで十分だ」と。 ●Die Linke 左派党 „REICHTUM“ 富 「富」 「儲け」 「コンツェルン」 に対抗しよう! 文字を大きく使ったグラフィックでアピールするのは、左派です。 「教育、バスと鉄道にもっとお金を!富を公正に分けよう」 貧しい人の立場に立ち、ほんの少数の人間が富を独占する世界の不平等。すごいスピードで広がっていく格差を批判する姿勢は変わりません。 ●SPD ドイツ社会民主党  „ZUSAMMEN“ 一緒に 今回、イメージ広告のようなふんわりぼんやりした感じだったのが、SPDです。アピールしているのは「ZUSAMMEN」一緒に、という言葉。 でもいまいち具体的な党の姿勢が見えてこない。低迷する政党の姿勢がポスターにも現れているようです。 余談ですが、桜が咲く頃、美しい桜並木を見ていたらその真ん中にドーンと「気候保護」と書かれた、SPDのポスターが。 写真を撮っていたら、通りがかりの人が「やっと春が来て緑と桜が綺麗になったと思ったのに、こんなど真ん中にポスターを立てて!気候とか環境保護とか言って、こんなことやるんだから!だからSPDは!!」と怒りをぶちまけて行きました。 さあ、気になる欧州議会の結果はどうなるでしょうか。 選挙結果を受けて、今後また反EUの動きが高まって行くのか。選挙権のない私ですが、固唾を飲んで結果を待ちたいと思います。 執筆者:河内秀子 東京都出身。2000年からベルリン在住。ベルリン美術大学在学中からライターとして活動。雑誌『Pen』や『料理通信』、『Young Germany』『Think the...

Reise 旅行先

出典: |flickr/Peter Boehi by personal permission|https://flic.kr/p/df4sdh

世界一ダイナミックな寝床?アルプスにそびえ立つホテルが大人気!

ハリウッド俳優も絶賛!アルプス山脈を一望できる迫力満点の断崖絶壁ゲストハウスに、今、世界中から観光客が訪れている

500年続く塩山の奥深くへ、めくるめく冒険の旅

毎年約35万人もの人が訪れる南ドイツの一大観光スポットとともに、ドイツ&オーストリア旅行が当たるキャンペーンもご案内。どうぞ読み逃しなく!
出典: © Frederking & Thaler Verlag

ドイツがよく分かる景観9選

ドイツ人はどこから来て、何がドイツ人をドイツ人たらしめているのか? 
出典: |Japan-Tag|http://www.japantag-duesseldorf-nrw.de/jp/

年に一度、ライン河に日本がやってくる

いわば日本のヨーロッパ首都、別名「リトルジャパン」のデュッセルドルフ。毎年ここに住む日本人によって日本デー(Japan-Tag ヤーパンターク)が行なわれています。
出典: © swiss-image.ch/Jacques Perler

スイス行きが決まったら知っておきたい12のこと

同じドイツ語圏でもドイツとは似て非なるスイス。スイスへ行く人への12のアドバイス

Hitsong der Woche

Service

2,724フォロワーフォロー
338ファンいいね

Beliebt 人気ランキング

ヒットソング

LINE it!
derdiedas Newsletter
X