JAZZ ART せんがわ2018 第11回

白石かずこ×沖至×藤原清登/巻上公一×ヴェルナー・プンティガム×有本羅人/三角みづ紀×近藤達郎

JAZZ ARTで一貫してテーマにしてきた詩の世界。音のはじまりと、言葉のはじまり。互いに互いを呼び覚まし、引き合うその力が、らせんのように渦巻きながら奇跡の時間を創出する。ポエトリー・リーディングのパイオニアであり、ビートジェネレーションよりミュージシャンとの共演を行なっている現代詩人の白石かずこ、同じく現代詩人の三角みづ紀、そして巻上公一から発せられる、本物の言葉の力に打ちのめされてほしい。

 

ヴェルナー・プンティガム (実験音楽)

オーストリアはリンツに拠点を置く、トロンボーン、法螺貝吹き。
又は視覚芸術(写真、ビデオ&グラフィックデザイン)による学際的なパフォーマンスやインスタレーションまでをも手掛けるアーティストでもある。
音楽分野においては彼自身の非常に先鋭的で斬新な管楽を用いた即興演奏を中心に、独創的なアイデアから生まれる様々なミュージックプロジェクトを世界中で展開している。

 

主催者名

調布市(調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)、調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

日時

2018年09月15日 13:30 - 15:00

場所

せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5

お問合せ先

TEL:03-3300-0611

ウェブサイト

http://jazzartsengawa.com

さらに詳しい情報や他のイベント情報はこちら