ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018

『「亡命」の音楽文化文化誌』エティエンヌ・バリリエ著(西久美子訳) © アルテスパブリッシング

世界中から広く一流の音楽家が集い、短い公演時間の形式で開催するクラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」。

今年のテーマ「モンド・ヌーヴォー新しい世界へ」にちなみ、スイスの小説家で批評家のエティエンヌ・バリリエによる『「亡命」の音楽文化文化誌』(西久美子訳)が本年の、日仏共通オフィシャルブックとして選出された。また、スイスの指揮者で音楽監督のカスパル・ゼンダーは、クルージュ・トランシルヴァニア・フィルハーモニー管弦楽団と共に参加する。

Location: 丸の内、池袋エリアの各会場、東京

主催者名

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018 運営委員会 (株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/豊島区/三菱地所株式会社)

日時

2018年05月03日 01:00 - 05日 23:55

場所

東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

お問合せ先

03-3574-6833

ウェブサイト

https://www.lfj.jp/lfj_2018/

さらに詳しい情報や他のイベント情報はこちら