バッハ・オルガン作品全曲演奏会 vol.9 「鳴り響く永遠」

バッハ・オルガン作品全曲演奏会は、バッハが遺した228曲のオルガン作品を14人のオルガニストがリレー形式で繋ぐ、いずみホールのオリジナル企画です。バッハ研究の最高権威であるバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒと手を組み、同名誉ディレクターのクリストフ・ヴォルフが厳選した腕利きオルガニストを世界中から招いています。
今回は、《クラヴィーア練習曲集第3部》を取り上げます。4巻からなる《クラヴィーア練習曲集》のうち、オルガンの為に書かれた作品集が第3巻で、トッカータ、教理問答コラール、4つのデュエット、フーガから成る大作です。各曲はきわめて多種多様で、様々な音色、演奏技術を要します。この重要なコレクションに挑むのは、壮大な音楽性と煌びやかなレジストレーションが持ち味のフランスの大家ミシェル・ブヴァールです。
作品が持つ芸術性の高さと共に、いずみホールのフランス・ケーニヒ社製オルガンの魅力も存分にお届けします。

主催者名

いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

日時

2016年10月22日 16:00 - 23:55

場所

いずみホール
〒540-0001 大阪府大阪市中央区城見1丁目4−70 住友生命OBPプラザビル 2F

お問合せ先

Tel 06-6944-1188

ウェブサイト

http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1140&y=2016&m=10

さらに詳しい情報や他のイベント情報はこちら