シネクドキズム II

~人と神社と運河をつなぐ

シネクドキズムIIは、日本人作曲家・今井智景が、ドイツのトランペット奏者サヴァ・ストイアノフ(アンサンブル・モデルン)やバロックフルート奏者ミアコ・クラインらと共に行う、ジャンルを超えた実験的プロジェクトです。今回、名古屋の西宮神社にて、音楽・写真・映像・ダンスなどを組み合わせたパフォーマンスが行われます。

公演では、プロジェクトのテーマである「呼吸と心と近くの連鎖」を意識して作曲された音楽と、400枚以上の写真を組み合わせてつくられた映像を通して、移り変わる能面の表情の妖艶さが表現されます。

作曲・総合演出: 今井智景
写真: たかはしじゅんいち
映像: マーティン・ボヴァーホフ
舞台美術: 伊藤雅子
振付・舞踏: 浅井信好
リコーダー: ミアコ・クライン
トランペット: サヴァ・ストイアノフ
打楽器: 畑中明日香

その他、サヴァ・ストイアノフとミアコ・クラインは、第2回名古屋現代音楽アカデミーにて、マスタークラスやワークショップを行います。

サヴァ・ストイアノフとミアコ・クラインの来日公演等は、ゲーテ・インスティトゥートの助成により行われます。

主催者名

シネクドキズム実行委員会

日時

2018年10月12日 01:00 - 13日 23:55

場所

西宮神社(名古屋市中川区)
〒454-0804 愛知県名古屋市中川区月島町11−1

お問合せ先

synecdochism2@gmail.com

ウェブサイト

http://synecdochism2.chikageimai.net/artoc10.html

さらに詳しい情報や他のイベント情報はこちら